バスボム(入浴剤)作成失敗しました その3

バスボム作成に失敗したので、また失敗したログです。

ざっくりとした作り方は前々回の記事に載っています。

バスボム(入浴剤)作成失敗しました その1
バスボム(入浴剤)作成失敗しました その1
記事タイトルの通りです。 本来はバスボム作ってみました!だったのに…。 色々あって入浴剤につ...

1行で説明すると、重曹とクエン酸に水を混ぜて固まらせると入浴剤が完成します。

というわけで、作っていきます。

100均の重曹、クエン酸と食用着色料(黒)、シェイカーを準備。

シェイカーに各粉末を大体半分ぐらい適当に投入。

着色料を適当に投入。

シェイカーで混ぜます。

※混ぜる手順を省略して、密封した容器に水を入れると爆発します。

蛇口からダイレクトに水を入れると発泡し過ぎるので、

100均のスプレーを使って表面を湿らせる程度に水を噴射します。

混ぜた後。白いのは潰していない重曹のダマです。

容器を準備します。

完全に硬化するとクッキー型は抜くのが難しくなりますが、

シリコンケースは固まっても上手く抜けます。中々良いケースが見つかりません。

クッキーの型に詰める時は下にビニールを敷くと張り付きませんでした。

目玉はバスソルトです。色が違いますが、この後に溶かすのでそのままにしています。


以前失敗したときは背面にクッキングシートを置いていたら張り付きました。

クッキングシートは使わない方がいいようです。

完全に硬化させてたら、型から抜く時に昇天しました。


準備した型に詰めます。余った物体は団子にしました。

シリコンケースはただの固まりになってしまうのでアヒル?を埋めました。

30分~1時間ぐらい寝かせます。

大体固まりました。

抜く時に若干ひび割れました。

硬化を待ちます。

買い物に行って帰ってきたら発泡していました。

スプレーを吹き過ぎたのが原因だと思います。

粉末100g毎に1回スプレー噴射で湿らせるのが良い気がします。

今回はクッキー型に積めるので混合物を固めにしようとスプレーし過ぎたようです。

浴槽の底に置くとコンクリートが砕けていました。

溶かしています。

この後アヒルは無事に救出されましたが、

付着した着色料をぬぐってタオルで拭いたらタオルが黒くなりました。