Parblo PR200 キーキャップ交換してみました

Parblo PR200のキーキャップを交換したログを残します。

PR200で使われているキースイッチは
kailh軸というcherry軸のキーキャップが使える
互換性のキースイッチを使用していました。

キーキャップを外したところ

Kailh軸の部分

PR200用に「交換用キーキャップすべらないWASD」を購入しました。
商品リンクは貼らないので勝手にググってください。

MXKC-WASDでググると公式サイトも出るみたいです。
…これ販売終了してる気がしますが続けます。

開封して並べたところ、文字やカーソルマークは
キートップ真ん中下が定位置のようでした。
向きを変えるとキーキャップの高さが不揃いになります。

取り外したPR200のキーキャップと比べると厚みが違います。

裏面はちゃんとしたcherry製のキー軸です。

キーキャップを付けてみたところ。
少しキートップの表面積が大きいようです。

オレンジのキーキャップを外す時に、
一緒に買った「ダイヤテック KeyPuller」を使うと抜けましたが、
付属品だと結構強くハマるので引き抜く感触が固いです。


【追記】
ツクモの「アルミキーキャップ」と、
Sharkoonの「Mechanical Rubber Keyset」
ビット・トレード・ワンの「BFRKC」を追加購入しました。
付けた後はこんな感じです。「BFRKC」は使ってません。
黄緑、金色はアルミキーキャップ、水色は「Mechanical Rubber Keyset」です。


とりあえず追加で記載したかったのは以下情報。
「Mechanical Rubber Keyset(右側)」と
「BFRKC(左側)」はほぼ同一商品でした。

画像では見切れてますが、中身の違いは
付属のキープラ―が固定されているか、されていないかでした。

裏面もほぼ同じです。表面も同じコーティングなので、
混ぜて使っても違和感無さそうでした。

これ同じ商品なのか?と気になって買ってみたので、
何が違うのか探してた人の参考になればいいやってメモでした。


~~おまけ~~
キーキャップを自作できないだろうかと余ったパーツを
「おゆまる」で型取り、グルーガンで埋めてみたところ、
おゆまるとグルーガンは癒着しませんでした。

おゆまる加工した方が早そうだなと思いながら、
使えそうな道具が揃えられてないので、
気が向いたらもう少し作り方探ってみます。
3Dプリンタは値段調べたら、思ったより値段が高くて諦めました。


~~追記~~
フェイクスイーツ用の道具で遊んでみました。

キーキャップ 自作のテスト
キーキャップ 自作のテスト
最近100均でフェイクスイーツ用のグッズが売ってるので、 これでキーキャップ作れないかなと試してみました。 試作...