作業用手袋(仮)作成 その3

小指用の手袋作成、試作版の続き。前回の記事はこちら。

作業用手袋(仮)作成 その2
作業用手袋(仮)作成 その2
小指用の手袋作成の練習というか試作版のログ、これの続きです。 布の端のほつれ防止でパイピングだのバ...

再度ギザギザ縫いによるほつれ処理を行いましたが、上手く縫えません。

布端をギザギザ部分で包もうとして1、2か所を失敗してます。

ここまで失敗作

失敗する度に型紙をベースに帆布を裁断するのが面倒なので、まとめて作る事にしました。

ギザギザ縫いの成功率は2/4で50%でした。

(その後、成功した1個がギリギリを縫い過ぎて失敗してました)

指部分を縫う準備。

失敗しました。円形に縫うのってミシン練度が必要だと思うんです。難度高いです。

そして今回は両方とも裏返しに成功しましたが、どっちも小指の付け根が窮屈で実用出来ませんでした。

その後いろいろあって改良した小指用手袋。

試作は幾度と失敗してカウントしなくなったので、何号なのかわかりません。

アップ。

縫ってる時に布送りが出来なくなり、鳥の巣が産まれてます。とりあえず使い心地を知りたいので形にしました。小指の付け根は圧迫されないのでいい感じですが、90度の凹部のほつれ防止方法が分からないので考え中です。

カシメは凹んだのかと思ったら、足が飛び出ようとして凸ってました。帆布11号の2枚分の厚さに6mm足のカシメだと長すぎるようなので、これも方法考えます。

やり方思いついたら、引き続き作成します。


追記、方向性を変えてみました。

作業用手袋(仮)作成 その4
作業用手袋(仮)作成 その4
帆布の布端の処理をあれこれ試してみたログです。前回の記事はこちら。 この記事の最初から使っている、...